前へ
次へ

不動産投資をしておくと老後は楽

老後になったら多くの方の収入源は、アルバイトや公的年金となります。
会社を退職してせっかく仕事から解放されたのに生活費を稼ぐためにアルバイトをするというのは、ゆとりある生活を送ることが難しくなります。
老後は、趣味に時間をかけて悠々自適な生活を送るのが良いです。
そのためには、収入源を増やしておく必要があります。
オススメは、不動産投資を遅くとも30代までには始めることです。
不動産の購入資金は、サラリーマンであれば金融機関から融資を受けやすくなります。
そして、会社を退職するまでに金融機関から融資してもらったお金の返済は完済しておくことです。
完済するまでに時間を要しますので、30代から始めておくのがベストです。
そうすれば、会社を退職してから不動産投資で得た収入を金融機関に返済する必要がなくなりますので、丸々収入を得ることができます。
それにより生活費をアルバイトで賄う必要が無くなりますので、老後はかなり楽になります。
理由は、公的年金と不動産投資から得た収入の2つの収入源があるからです。

Page Top