前へ
次へ

賃貸の不動産物件を借りる時にかかる費用

アパート、マンションのような賃貸の不動産物件を借りる時には費用がかかります。
敷金、礼金が一般的ですが、関西ですと保証金という名前であったりしますし、地方によって意味合いが違ったりします。
敷金は一般的に家賃の1~1.5ヶ月分で預かり金の意味合いがあり、家賃滞納、退去時の原状回復の費用に充当されたりします。
ですので、きれいに使用していればかなりの部分で返金されます。
それに対して礼金は約家賃一か月分になります。
大家さんへのお礼の意味ですので返金されることはありません。
これ以外にも、不動産会社へ払う仲介手数料、火災保険が発生します。
また、月の途中で入居するのであれば、前家賃が発生したりします。
また、保証人が立てられないようでしたら保証料が必要となったりします。
近年では敷金が無かったりする物件もありますが、カギの交換、クリーニング費用等を請求されたりします。
初期費用について不明な費用が発生するようでしたら、事前に確認するのがいいでしょう。

Page Top