前へ
次へ

不動産の名義人変更はしておくべき

父が亡くなったとき、葬儀社の人から葬儀の後にすべきことという冊子をもらいました。
その中にあったのが不動産の名義人変更で、その場合の相談先として司法書士事務所の連絡先が掲載されていました。
高齢者夫婦だけで暮らしていて名義人である夫が亡くなったとき、残された妻のほとんどはあえて名義を変更せず、そのまま住み続けるケースが多いそうです。
法律上も問題はないらしいのですが、妻が亡くなった時に子供に相続する際に法定相続人が増えてややこしくなるため、名義の変更はできればしておいた方がいいと葬儀社の人に言われました。
我が家は母と独身の娘二人という家族構成なので、いずれは私たち姉妹のものになる両親所有の家と土地という不動産をすんなり相続できると思っていましたが、大きな間違いでした。
遺産分割協議書なるものを作成し、父の出生地から亡くなった時に住んでいた場所まで、戸籍を置いたところすべての戸籍謄本を集める必要があるなど、必要な書類集めだけでも素人ではとてもできることではなく、お金を払って司法書士にやってもらいました。
不動産を所有するということの大変さを、つくづく痛感した出来事です。

Page Top